ここでは投資信託の種類を説明します。投資信託はひとつの種類だけではありません。無数の投資信託があります。

投資信託の始め時〜景気動向の読み方〜

投信の安全性について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
株式投資以外にわたしたちが利用できる金融商品は投資信託です。
ここでは投資信託の種類を説明します。
投資信託はひとつの種類だけではありません。
無数の投資信託があります。
株式の場合でも数多くの会社のなかから購入する会社を選ぶのと同じで、投資信託でも投資家が選択する必要があります。
投資信託は一般の投資家に代わってプロの投資家が投資をしてくれます。
プロ投資家は集めた資金を株式や債券、国債や外国為替などの多種な金融商品に分散して投資します。
そのときの経済状態に応じてどのくらいの割合で資金を分配するべきかをプロ投資家が判断します。
投資信託では安全性が第一です。
ひとつの金融商品に集中して投資するわけではありませんので集中投資のリスクがありません。
素人の投資家は数多くのなかから適切な金融商品を選択することが難しいです。
とくに国債や社債などの債券への投資は素人にとっては敷居の高いものです。
投資信託のメリットは多くの投資家から膨大な資金を集めることにあります。
ひとりだけの資金は小さなものです。
しかし小さな資金が集まれば大きな資金になります。
投資の世界では資金量の規模が有利に影響します。
大きな資金量があれば有利な投資を実行できます。
そして投資信託ではプロの投資家が運用をしてくれます。
リターンは運用成績に応じて変動します。
できるだけ運用成績のよい投資信託を選択しましょう。
その場合にはどのような投資割合かをチェックしましょう。
特定の商品にだけ集中投資している場合は少し危険です。

注目情報

Copyright (C)2018投資信託の始め時〜景気動向の読み方〜.All rights reserved.