ここでは一般投資家が頼りにすべき情報について説明します。一般投資家ならではの方法があります。一般投資家が頼るべき情報は自分の感覚です。

投資信託の始め時〜景気動向の読み方〜

自分の感覚を頼り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
個人投資家が株式投資で利益を狙うにはコツがいります。
株式投資は情報が大切です。
株式情報はテレビや雑誌などのマスコミで広く公開されています。
1秒でも早く情報を入手することが大切なのですが公開されている情報で競争するのは大変です。
みんなが見ているテレビや雑誌で情報を入手しても他人ももっている情報です。
早く情報を入手したと思っていてもだめです。
1人が知っている情報がすでに10000人以上が知っている情報だと思っていてください。
だからテレビなどの情報で株式投資を成功させようと思ってもうまくいかない場合が多いです。
情報は新鮮さが命です。
しかしテレビでは新鮮な情報を入手することは難しいですね。
そのため一般投資家が頼る情報は別のものになります。
ここでは一般投資家が頼りにすべき情報について説明します。
一般投資家ならではの方法があります。
一般投資家が頼るべき情報は自分の感覚です。
みなさんはふだんから多くの商品やサービスに触れていると思います。
それらの商品やサービスは企業が提供しているものです。
みなさんにはお気に入りの商品やサービスなどはありますか。
いつも利用するサービスや必ず購入するような商品があると思います。
自分がよいと思う商品やサービスは他の人も購入する傾向にあります。
自分がよいと思うものがみんなもよいと思います。
このような感覚を大切にして株式投資に取り組むとよいのです。
人気の会社の株価は自然とアップしていきます。

Copyright (C)2018投資信託の始め時〜景気動向の読み方〜.All rights reserved.